1. コンタクトレンズを処方箋無しで買う!

    Posted on 8月 21st, 2017 by admin

    コンタクトレンズを通販で購入できるというのを聞いたことはありますか?「目に入れるようなものなのに、通販なんかで買って大丈夫?」「コンタクトっていうのは、眼科でもらうものでしょう?」などといったお声が聞こえてきそうです。

    確かに、コンタクトレンズは医療機器です。雑貨屋さんで売っているようなカラーコンタクトで目のトラブルが発生するということもあります。しかしながら、眼科で買うのとまったく同じコンタクトレンズを、インターネット通販で購入することもまた、可能なのです。眼科で買うのとまったく同じものを買うことができるなら、安心ですよね。

    しかも、インターネットで買うなら、処方箋不要な場合が多いです。処方箋不要というのはすなわち、いちいち眼科に行く必要がないということです。残業が続いていたりして、なかなか眼科に行けないけれど、コンタクトレンズの残り枚数が少なくてピンチ!そんなときこそ、スマートフォンやパソコンから、処方箋不要でコンタクトレンズを購入しましょう。

    こちらなら、ジョンソン&ジョンソンをはじめとする有名メーカーのコンタクトレンズを、処方箋不要で購入できます。今お使いのコンタクトレンズの箱を持って、さあネットショッピングを始めましょう!

  2. 家庭教師のいくつかのメリット。

    Posted on 9月 10th, 2014 by admin

    お子さまの学力向上のために親として与えてあげられるのは、”勉強に取り組める環境”と”勉強を理解できるようになるための指導”です。

    この二つを満たしてくれるのは、一般的に塾や家庭教師が挙げられます。

    ここ数年、塾ではなく家庭教師を選ぶご家庭が徐々に増え始め、家庭教師の需要が高まってきていると言われています。

    そこで、家庭教師を選ぶメリットをいくつかご紹介したいと思います。

    ・マンツーマン指導

    家庭教師の最大のメリットです。

    先生と生徒(お子さま)2人だけですので、わからないところは何度も質問することができます。

    それにより、理解できていないまま次の単元に進む、という心配がありません。

    しっかりと基礎を作ることができるため、応用にもしっかり対応することができる能力を身につけることができます。

    ・先生と年齢が近い

    家庭教師のほとんどが大学生です。

    そのため、まるで兄弟や友達のように接することができますし、接してもらうことができます。

    年が近いからこそ話せる悩みなどもあるでしょう。

    勉強だけでなく心のケアにも期待することができます。

    ・自宅での勉強が身につく

    塾のように”通う”必要がないため、自然と自宅学習が身に付きます。

    塾や学校など決まった場所でなければ机に向かうことができない、ということを防げます。

  3. 家庭教師のメリットとデメリットについて。

    Posted on 9月 4th, 2014 by admin

    家庭教師にはメリットだけでなくデメリットも存在します。

    そこで、それぞれ列挙しますので、ぜひ家庭教師選びのご参考にしていただければと思います。

    ●家庭教師のメリット

    ・一対一の授業

    家庭教師を選ぶうえで最大のメリットはやはりこれです。

    生徒の理解度に沿って勉強を進めてもらえます。

    そのため、同じペースで授業が進んでいく学校や塾とは違って、密度の濃い勉強が可能になります。

    さらに、教える側である講師も生徒である子どもの理解度や得意分野に苦手分野、さらに長所や短所をしっかりと把握することができます。

    それぞれの生徒に合わせた学習カリキュラムを組んでもらえます。

    ・通う必要がない

    塾はだいたい週3回程度あり、そのたびに通うのはとても大変です。

    夜遅くに終わる場合は迎えに行く必要もあります。

    その点、家庭教師の場合は自宅まで教えに来てくれますので通う必要がなくなります。

    ●家庭教師のデメリット

    ・費用が大きい

    家庭教師は塾と比べても費用が高めに設定されています。

    また、講師によって報酬が違うことも特徴です。

    有名な講師やプロの家庭教師は相当に高額となります。

    ・ライバルがいない

    勉強をするうえで同じ目標に向かって頑張るライバルの存在はとても大きいです。

    ですが、家庭教師での勉強の場合は周りにライバルが存在しないため、モチベーションを保つことが難しいです。

    また、年数が長くなると講師と生徒という絶対的な立場が崩れてしまう恐れもあります。